〒578-0911 大阪府東大阪市中新開1-2-19

お問い合わせはこちら
0729-65-7933

東大阪市の歯科|顎関節症・インプラント・歯周病

トップページ医院案内院長紹介アクセスマップお問い合わせ

歯周病

EPARKネット予約

 

左のQRコードを読み込んで頂くと、携帯サイトがご覧頂けます。

トップページ»  歯周病

歯周病のチェック

これらの症状の2つから3つに思い当たるふしがあれば、歯周病を疑ってください。

  • 息は臭くないですか?
  • 歯ぐきから血や膿が出ていませんか?
  • 口の中がねばついていませんか?
  • 歯ぐきはきれいなピンク色ですか?赤くぶよぶよと腫れていませんか?
  • 歯がグラグラ動いてきていませんか?
  • 歯ぐきが痩せて隙間が開いていませんか?
  • 歯ぐきが痛くなったり収まったりを繰り返していませんか?
歯周病のチェック 歯周病のチェック
歯周病のチェック

歯周病についてわかっていただきたいこと

歯周病

歯ぐきと歯の間に深い溝(ポケットといいます)ができ、その中に多くの固い「歯石」がこびり付いています。歯石は歯ぐきの中の見えない部分についています。見えないからと安心していると悪化させてしまうことがあります。

その歯石こそ歯周病の真の原因であり、深く歯の根にこびり付いており、歯ブラシでは取り除くことが出来ません。
ブラッシングだけでは進行した歯周病は治せません
。必ずこの歯石は除去することが必須です。

プロフェッショナルケア

歯周病は歯を支える骨が無くなる病気

歯周病 歯周病は歯を支える骨がとけてなくなる病気ですが、しかし必ずしも歯ぐきも一緒にやせていくとは限らないので、自分の自覚以上に骨がやせ、病状も進行していることが多いです。

歯ぐきがやせていないからといって安心できない

やせてしまった骨を再生することは難しいことです。また、骨自体に痛みは少なく、したがって早期発見、早期治療が望ましいのです。

治療(歯石除去)には時間が必要

歯石除去

歯根の形は複雑です。また少しずつ探って取り除いていくので、こびり付いた歯石を短期間で取るのは困難です。

今までしみていなかった歯が、治療後しみることがあります

本来歯の根の部分はしみやすい部分。その周りを覆っていた歯石を取ったため、今までしみなかった歯がしみることも。ブラッシングで徐々に収まってきますが、少し時間が必要です。

歯周病はその汚れ(細菌)のせいで磨きにくくなっている

汚れがつきやすくなっている状態(合わないかぶせ物や、歯並びの不正など)や、不良なかみ合わせによって、歯に負担がかかる状態なども、歯周病を悪化させる要因となります。

歯周病はブラッシングや歯石取り以外にも、薬でも良くすることが出来ます。ただし、各々単独よりも、一緒に行うことで相乗的効果が期待できます。

歯石除去は歯ぐきの中で処置をするため、状態によっては痛みを伴う場合があります。当院では出来るだけ痛みを感じないよう局所麻酔を行い、無痛治療を心がけています。

薬による歯周病治療

歯周病はブラッシングや歯石取り以外にも、薬でも良くすることが出来ます。ただし、各々単独よりも、一緒に行うことで相乗的効果が期待できます。

歯周病の検査と治療

検査

  • 歯型
  • X線検査
  • 歯周ポケット検査、出血、歯の動揺
  • かみ合わせの検査
  • 顕微鏡検査

歯周病の検査と治療

ブラッシング指導
歯石除去
ルートトレーニング、歯周ポケット掻爬
このページの先頭に戻る