〒578-0911 大阪府東大阪市中新開1-2-19

お問い合わせはこちら
0729-65-7933

東大阪市の歯科|顎関節症・インプラント・歯周病

トップページ医院案内院長紹介アクセスマップお問い合わせ

咬み合わせ治療

EPARKネット予約

 

左のQRコードを読み込んで頂くと、携帯サイトがご覧頂けます。

トップページ»  咬み合わせ治療

顎関節の特徴

顎関節には、身体の他の部分の関節には見られないいくつかの特徴があります。 顎関節
  • 顎関節は左右一対になっていて、その一対の関節が協調して動く。
  • スムーズな動きが出来るようにベアリングのような役目を果たす関節円板という弾力性のある繊維軟骨が介在している。
  • 顎には咬合(咬み合わせ)機能を持つ歯という独特な器官がある。
  • 他の関節は回転運動だけだが、額間接は口を大きく開けるために回転運動と同時に前方滑走運動も行う(顎関節に指を当てて口を開いてみるとよく分かります)

このように他の関節にはない複雑な動きをする顎関節は、神経や筋肉のコントロールでうまく調和を保ちながら動いているのですが、その調和が崩れるとさまざまな障害が出てきます。その中で、顎関節症に炎症などの明らかな病的変化がないのに、顎を動かすと顎関節や周囲の筋肉に痛みが生じたり、雑音がしたり、さらに関節が引っかかって口が開きにくくなったりする疾患を総称して顎関節症と呼んでいます。

顎関節症を引き起こす原因

顎関節症は、次の様な原因が複雑に影響しあって発症するといわれています。顎関節症
  • 関節円板のズレ・損傷など顎関節部の異常
  • 歯の咬合の異常
  • 咀嚼筋の緊張・けいれんなどの異常
  • 咀嚼筋を制御する神経構造の異常
  • 歯軋り、食いしばり、頬杖などの習癖による顎関節の持続的な過重負荷
  • 精神的ストレス、心理的要因による咀嚼筋の過度の緊張亢進
  • その他、全身的な不調、異常による筋の緊張・けいれん

咬み合わせの異常とは

咬み合わせと全身との関係はその重要性がようやく知られるようになってきました。
咬み合わせの異常により体に様々な症状が出ることもあります。

例えば下アゴは頭蓋骨と関節と筋肉でつながって、重い頭部のバランスをとっています。
又、頭蓋は頚椎と連結し、それは腰椎と脊柱を構成し、互いに深く影響し合っています。

咬み合わせ→全身

そのため、アゴや咬み合わせに異常があると、、、

次

アゴのバランスがくずれ

次

頭や首に重心がずれ

次

背骨や骨盤に歪みが生じて腰痛や肩こりになったりします

逆に背骨や骨盤に歪みが生じると、頭部のバランスをくずして、咬み合わせがずれたり、歯が悪くなったりもします。
どちらがずれても、どちらが歪んでも全身に影響します。

咬み合わせ治療

全身
治療A.重心のバランスを整える B.クラニオ・セラピー
評価・脳反射検査・筋力テスト
咬み合わせ・アゴ
治療 A.機能的快適な咬み合わせの決定 B.スプリント(マウスピース)による診断と前処置
評価・咬合器上での歯型評価・筋電図・下顎運動測定器

治療の流れ

治療の流れ

A.機械的に快適な咬み合わせの決定

全身の重心バランス軸を整え上で、完全にリラックスした状態でスーッと吸い込んでいただく。
そこで、カチカチとダッピングしたを記録

下アゴの関節が後方へズレていて、そこの後部の組織が圧迫されて(~に近い)不快症状をおこしているおとが多い。アゴをソフトに前下方向へ引きよせます。

B.スプリントによる診断と治療

A.に決定した咬み合わせが実際に患者様の訴える症状に対して有効かどうか、あるいは快適かどうかを判断する目的と顎関節を安静に保つ目的で行なう。

スプリントを入れたときは調子よいが、外すと、元の症状がでるということであれば咬み合わせのズレが原因。

C.狭義の咬み合わせの治療

かぶせや詰め物を歯に直接つけて、実際の咬み合わせの修正治療で矯正も含まれる。
これは、スプリント治療で効果があり、問題なく。
この治療を希望した患者様に限り行なうもので、基準に足らない部分は冠詰め物を装着して補完し、過剰な部は削って修正をする。
常に顎運動測定器や筋電図で評価しながら行なう。

この様に、咬み合わせと全身とは不可欠で、もし歯を大きくさわったり、咬み合わせを治療するとすれば、全身的アプローチなしでは、不可能だということになります。
当院では各々にアプローチを図り、全体的に評価しながら治療を心がけています。

このページの先頭に戻る